田んぼでお米作り体験『稲刈り体験』

田んぼでお米作り体験『稲刈り体験』

5月の田植えで大切に植えた苗が約4ヶ月経ち立派に成長し、ずっしり重たい稲穂を深く垂れ下げています。
大勢のかかしに見守られて、スズメに稲穂を食べられることもなく、しっかり実りました!
いよいよ待ちに待った稲刈りの日です♪
黄金色となった稲を、“かま”を使ってケガをしないよう慎重に刈り取ります。
昔ながらの刈り取り方法はたくさんの人数をもってしてもなかなか大変。
田植え時は一株に3茎程の苗であったものが、20~30茎程の立派な稲に成長しました。
約2株(約50茎)でお茶碗一杯分ですので、みなさんの1~2刈りがおおよそお茶碗一杯分になるということを考えながら、稲穂を無駄にしないように大切に大切に頑張って刈っていただきました。
後半はヤンマーのコンバインを使って一気に刈り取ります!
力強い機械の登場に、あちらこちらで歓声があがります♪

稲刈り作業のあとに、地元高山の農家さんがあらかじめ収穫されていたお米で作った新米のおにぎりと、農家さんの手作り無添加味噌で作った豚汁を食べました。
今回刈り取ったお米は乾燥させて、籾すりと精米を行い、みなさんの作業時のグループ写真を貼り付けたオリジナルパッケージでプレゼントされます。
大切に育てたお米ですので、きっと格別のおいしいお米になっているはずです。
次回の籾すり・精米体験と新米の試食会をお楽しみにっ♪

▲ページトップへ

田んぼでお米作り体験『かかし作り』

田んぼでお米作り体験『かかし作り』

悪天候により延期となっていた、田んぼでお米作り体験 第三回目イベント、かかし作りの第二弾を開催致しました!
日程が変わってしまったにも関わらず、今回は24組ものご家族にご参加いただきました!ありがとうございます♪

今回も個性的な飾り付けを多数ご持参いただき、次々と素敵なかかしが登場しました。
参加者のみなさまによる投票を行った結果、優勝は!
今年大ブームとなった『アナと雪の女王』の登場キャラクターをモチーフにした"オラ オラフ"くんが見事勝ち取られました!
この御家族は昨年も優勝しており、2連覇達成です!おめでとうございます☆(^O^)人(^O^*)
来年の作品も楽しみですね。

さて、第一弾にて作成いただいたものと合わせて、遊悠ファームの田んぼには41体のかかしが並んでおり、
もし、豊能風景100選があれば絶対選ばれるであろう賑やかで楽しい風景が楽しめます。\(^O^)/
ぜひ、かかしの並ぶ景色を見に遊びに来てくださいね。

さて、9月に入り、季節もだんだんと秋になりますね(^^)
次回はいよいよお米の収穫です!
みんなで植えた苗がきっと立派な稲穂を実らせていますので楽しみにしていてくださいね♪
それと・・・天気であることをみんなで祈っていてくださいね。

▲ページトップへ

田んぼでお米作り体験『かかし作り』

田んぼでお米作り体験『かかし作り』

田んぼでお米作り体験の第三回目のイベント、かかし作り(第一弾)を開催致しました!
外は生憎の豪雨でしたが、体育館の中には元気いっぱいの声が響き渡ります♪

かかしの骨組みは、竹と稲藁と新聞紙といった自然で素朴なものですが、持ち寄っていただいた服やグッズを思い思いに飾っていくにつれ、個性的で素敵なかかしたちが次々と登場!

投票による表彰はかなりの大接戦でしたが…、リーゼントと、鋭い眼光が凛々しい『つっぱり君』が見事優勝されました!!おめでとうございます☆(^^)人(^^)

降り続く豪雨のため、第二弾にご参加のみなさまは開催が延期となってしまいました…。
ご参加予定のみなさまはアイデアを膨らませて開催日をお待ちくださいね♪

全てのかかしが田んぼに登場すると、今年も賑やかに田んぼを守ってくれそうです。
昨年は通りがかりに足を留めて写真を撮っていかれる方もいたほど、名所となるようですよ☆
天気の良い日は、たくさんのかかしで盛り上がる田んぼと出稲の様子を是非見に来てみてくださいね♪

▲ページトップへ

田んぼでお米作り体験『草とり・竹パウダーまき体験』

田んぼでお米作り体験『草とり・竹パウダーまき体験』

今日は田んぼでお米作り体験の第二回目のイベント、草とり・竹パウダーまき体験です。
この日のお天気は、作業をするにはあいにくの雨模様でした…。
そんな雨にも負けず、みなさん元気良く田んぼの中を歩き、草とりと竹パウダーまきをしてくれました!
みなさんに歩き回っていただいたことで、ガスが抜けて田んぼも気持ちよさそう♪

この時期、田んぼにはたくさんのカエルやおたまじゃくし、アメンボもいて、たくさんの生き物とも出会いました。
ミズカマキリやヤゴを捕まえたお友達もいましたよ!

午前の作業を終え、雨が予想外に本格的に降り出し、残念ながら午後のレクリェーションは出来ませんでしたが、この日の作業で、稲にはしっかりと栄養が行き渡り、秋にはおいしいお米が収穫できるはずです♪

最後に、七夕前ということで、笹竹をお持ち帰りいただきました。
みなさんのたくさんの願い事が叶いますように☆ミ

次回はかかし作りです。
みなさん、かかしに着せたいお気に入りの古着を持ってきてくださいね。
どんなかかしが田んぼに登場してくれるのか、今から楽しみです!

▲ページトップへ

田んぼでお米作り体験『田植え体験』

田んぼでお米作り体験『田植え体験』

今日は、田んぼでお米作り体験の第一回目のイベント、田植え体験です。
今回の田植えイベントには45家族、147名の方に参加いただきました。

参加者全員で田んぼに一列に並んでいただき、田んぼに一歩足を踏み入れた途端、歓声が沸きました。
田んぼに足を踏みいれた際のなんとも言えないぬるっと包み込まれる感触は子供も大人も大喜びです。
全員が一列に並びいよいよ田植えです。
地元生産者の高木さんの指導を受けながら、一ヶ所に3本ずつ苗を植えました。
最初は怖がるお子さんもいましたが、徐々に慣れ始め、田植えの速度もスピードアップ。
作業を進めるうちに、尻餅を付くお子様が多数出現。
一度汚れてしまえばこっちのものです。
みんな大はしゃぎで最後は田んぼがプールのように肩まで漬かっている子供たちもいました。
なんとか田んぼ1枚を仕上げてみんな満足そうな笑顔で溢れていました。
お昼には、地元の農家さんに山菜おこわと地元高山の手作り味噌の味噌汁を用意していただきました。
やっぱり作業後に青空の下で食べるご飯は格別ですねっ♪

次回は7月5日の草取り・竹パウダー撒き体験です。お楽しみにっ。

添付の新聞記事は2014年5月26日付 農経しんぽう 記事 です。

田んぼでお米作り体験『田植え体験』

▲ページトップへ

2014年度体験型農園 入学式

2014年度体験型農園 入学式

今日は、2014年度体験型農園の入学式。
昨年から継続の方も新しく参加された方も今年はどんな体験ができるのかドキドキワクワクしながら入学式に参加していただきました。
橋本校長からのみなさんへのメッセージの中で竹パウダーを使った安全安心でおいしい野菜を一緒に作り、たくさん食べてますます健康で元気になりましょうというフレーズがありました。
まさに、昨年から継続のメンバーは竹パウダー野菜のおいしさにはまり、どんどん元気になっています。
今年は昨年栽培していなかったニンジンやゴボウ、大玉トマトなどの野菜に挑戦予定です。
うまくできるかなぁ?と不安もありますが、みんなで新しい作物にチャレンジします。

午後からはホウレンソウ、小松菜、ニンジン、ゴボウの種まきをしました。
竹パウダーの効果が一番わかりやすいおいしいホウレンソウを早く収穫したいねとみなさんわくわくです。

最後に竹パウダー作りにも挑戦しました。
ヤンマーの植繊機という作業機を使って竹を竹パウダーに変えていきます。
ヤンマーの推奨する資源循環農法は、地域の竹を活用した竹パウダーで野菜作りをすることで、おいしくて健康になる野菜が作れるだけでなく、放置竹林の解消に繋がり、さらには竹林がほどよく間引きされることで良質なたけのこが採れるようにもなるということで、一石何丁にもなるとても良い技術です。
この竹パウダーで今年もおいしい野菜を会員のみなさんと一緒に作っていきたいと思います。

▲ページトップへ

2013年度体験型農園卒業式

2013年度体験型農園卒業式

今日は、2013年度体験型農園の卒業式。
1年間体験してきた内容を振り返りながら、みなさんに感想を発表していただきました。

①今まで生きてきた中で一番野菜をたくさん食べた年だった。たくさん野菜を食べたおかげか体の調子が本当に良くなった。
②竹パウダーを使った農法で作った野菜が普通の野菜と違って本当においしいと思った。
③野菜が苦手だった子供が進んで野菜を食べるようになった。
④孫の離乳食として普通の野菜を与えようとしたが食べてくれなかったが、竹パウダー農法の野菜は食べてくれた。

みなさんのこのような感想を聞いて、2014年度もますます楽しい遊悠ファームにしていきたいなと思いました。
また、ほとんどの方が来年度も継続を希望していただきました。

卒業式のあとはみんなで蕎麦打ち体験をしました。
地元高山の農家さんで蕎麦打ちができる方に教えていただきながら、一生懸命蕎麦を打ちました。
そば粉はヤンマーのお客様でこだわりのそば粉を作っておられる長野県の生産者から分けていただきました。
できあがった蕎麦はそば粉の良い香りがして絶品でした。
自分で作ったちょっぴりいびつな個性のある蕎麦をすすりながらみなさんとても満足そうな表情でした。

2014年度もますます楽しい遊悠ファームを目指して頑張ります!
今後ともよろしくお願いいたします。

▲ページトップへ

しめ縄作り体験

しめ縄作り体験

今日は、遊悠ファーム体験型農園の年末最後のイベント、しめ縄作り体験。
遊悠ファームでは季節に合わせたイベントも実施しています。

しめ縄作りにはいろんな材料が必要です。
まずは、縄をなう(縄は『編む』ではなく『なう』と言います。)ための稲わらですが、これは、遊悠ファームの田んぼでお米作り体験で作った稲から取れた稲わらを使いました。
シダ植物のウラジロ(写真参照)は豊能町に自生しているものを地元農家さんに分けていただきました。
その他、橙(ダイダイ)、水引きは購入したものを使い、多田先生の指導のもと、しめ縄作りにチャレンジしました。
稲わらを3束つくり、それをまず2束でなって、続いてもう1束ぐいぐいっとなうのがちょっと難しいかったようです。縄をなったら飾りつけをして完成です。

みなさん立派なしめ縄を作ることができました。
こんな立派な手作りしめ縄を玄関に飾りつけたら、家内安全で良いお正月を迎えることができますね。

▲ページトップへ

第10回野菜教室 『農業機械(トラクタ)講習会』

第10回野菜教室 『農業機械(トラクタ)講習会』

今日は、農業機械(トラクタ)の講習会。
トラクタのような農業機械の講習会があることがヤンマーの体験型農園の特徴の1つです。

午前中は教室にて農作業用機械の代表的なトラクタについてお勉強をしました。
トラクタは単体では作業ができず、いろいろな作業機と組み合わせて作業ができるということやトラクタなどの農業機械を安全に利用していただく際の注意点について理解していただきました。
(例)トラクタとロータリーを組み合わせると耕うん作業ができることなど。
   トラクタを利用する際にはヘルメットを着用すること等。

午後からは実際にトラクタに乗ってもらいながら午前中に学んだことを確認していただきました。
学んだことをすぐに実践できることが遊悠ファームの特徴です。
みんなドキドキしながらトラクタを運転していました。
子供たちもトラクタに乗っかるだけで大満足。
トラクタは子供たちの憧れの的でした。
来期は畑の耕うんや畝たてに挑戦する機会をたくさん設けようと思います。

▲ページトップへ

田んぼでお米作り体験『お米の精米体験』

田んぼでお米作り体験『お米の精米体験』

この日のイベントは、9月にみなさんで稲刈りをしたお米の籾すり・精米体験。
ガラス瓶や棒を使い、昔ながらの方法でゆっくり時間をかけて作業を行いました。
精米したお米は、竹筒をくり貫いたオリジナル飯ごうで調理!

炊き上がったお米はみずみずしく、ほのかに竹の香りがして、みなさん大満足!
この日畑で採れた野菜と一緒に、美味しくいただきました。

田んぼでお米作り会員のみなさん、1年間本当にありがとうございました。
みなさんが愛情を込めて一生懸命作業していただいたおかげで、今年も美味しいお米が出来ました。
来年も美味しいお米+楽しいイベントでみなさんに喜んでもらえるよう頑張っていきます。
ぜひ来年も会員になってください。
来年度の説明会の日程が決まりましたら、ご連絡します!
今後とも遊悠ファームをよろしくお願いします。

▲ページトップへ

田んぼでお米作り体験『稲刈り体験』

田んぼでお米作り体験『稲刈り体験』

今日は待ちに待った稲刈りの日!
秋晴れの中、5月の田植えからみなさんで大事に育ててきた稲の収穫です。
この日は、70名が集まり手刈りスタート!
はじめは、ワラの縛り方に苦戦する姿も見られましたが、だんだん慣れてきてスピードUP!
約240坪の田んぼを1時間で刈り取りできました。
稲刈りが終わったら、ランチタイム♪

今回もビストロBeeのシェフと地元農家さんに来ていただき、
地元の新米で作ったおにぎりと、農家自家製みそを使った豚汁を作ってもらいました。
普段、お味噌汁を飲まない子供がおかわりするなど、子供たちも大満足♪
農作業したあと、自然の中で食べる食事の味は格別ですね!
次回は精米体験と、お米の引渡しです。

▲ページトップへ

第八回野菜教室 秋野菜の栽培について

第八回野菜教室 秋野菜の栽培について

先週、夏野菜の撤収作業を行い、いよいよ秋野菜の植え付けスタート!
大根・カブ・ホウレンソウなどの種まきや、キャベツ・ブロッコリの苗を植え付けました。
遊悠ファームは標高400mのところにあり、秋の訪れも早いので、
8月下旬から9月初旬に植え付けを行います。

1週間後の9月7日に畑に行ってみると、きれいに芽が出ていました♪
大根やカブの双葉はハート型でカワイイですね!

▲ページトップへ

第七回野菜教室 準農家になるための勉強会

第七回野菜教室 準農家になるための勉強会

午前中、畑で野菜をたっぷり収穫し、お昼をはさんでの勉強会。

今回は、大阪府で準農家※の窓口をされている森田さんに来てもらい、 農家になるためには、何から始めたらいいのか、成功のポイントは何かなど、 わかりやすく説明してもらいました。

最後は、自家製ハーブティーを飲みながら、理想のアグリライフについて語り合いました。
みなさん、将来農家になる時のイメージが膨らんだようです。

※準農家とは、都市住民が小規模農地(10~30a)を継続して耕作し生産物を販売できる大阪府独自の制度。

▲ページトップへ

田んぼでお米作り体験『かかし作り体験』

田んぼでお米作り体験『かかし作り体験』

今日は田んぼでお米作り体験のみなさんと一緒にかかしを作りました。
この日はとても暑かったのですが、それ以上にみんなのかかしに対する情熱が熱かったです。

約2時間、好きな服を着せたり、顔をペイントしたりと
世界に1つしかない、とっても素敵な作品が出来上がりました! 

最後に、表彰式を行い、
優秀賞の方には、畑で採れたスイカをプレゼント♪
今、田んぼには14体のかかしが立っています。 これから約1ヶ月間、みんなの田んぼを守ってくれます。

次回は、いよいよ『稲刈り体験』です。お楽しみに♪

▲ページトップへ

夏野菜の収穫祭

夏野菜の収穫祭

この日は待ちに待った収穫祭。
ミニトマト、ナス、ズッキーニなど立派な野菜が出来ました。
朝一番、畑で野菜を収穫して、いざ調理へ。

今回は当ファームが野菜を提供しているレストラン『bistroBEE』のシェフを招き、 採れたて野菜を使ったイタリアン料理を作ってもらいました。 
さすがプロ!食材を活かし、「夏野菜のカポナータ」、「自家製バジルのジェノベーゼ」など 7品、30人分を作ってくれました。

みなさん美味しい料理をお腹いっぱい食べて大満足♪
当ファームならではの収穫祭が開催できました!
bistroBEEのシェフ、支配人、ありがとうございました。

bistroBEEのHPはこちら→http://bistro-bee.com/

▲ページトップへ

遊悠ファーム見学会やってます

遊悠ファーム見学会やってます

春から始まった体験農園では、まもなく夏野菜の収穫時期を迎えます。
竹パウダーを使った農法で栽培した野菜は、味が濃く独特の甘みがあって美味しいです。
味に敏感な子供たちも、喜んで食べてくれています♪

家庭菜園を始めたい方、将来的に農家を目指したい方、
遊悠ファームで一緒に野菜づくりしませんか?
体験農園は、まだ空き区画があります。
見学希望の方、連絡まってます!

▲ページトップへ

田んぼでお米作り体験『お米の勉強会』

田んぼでお米作り体験『お米の勉強会』

田んぼでお米作り体験の皆さんと一緒に田んぼの除草と竹パウダーまきを行いました。
はじめに、栽培しているお米の特長や、収穫までの過程、現在の生育状況を勉強し、
いよいよ田んぼの中へ。

約1ヶ月半ぶりに入る田んぼは、苗も大きくなって
場所によっては、足の踏み場もないくらい大きくなっていました。
先生からは、これは植えすぎたね~と言われる場面も。
子供たちも、元気いっぱい田んぼの中を走り回って、竹パウダーをまいてくれました。

作業が終わったのは、お昼前。
お腹が減ったみなさんに、体験農園で栽培している『ズッキーニ』を食べてもらいました。
青空の下、農作業したあとに食べる採れたて野菜の味は最高でした♪

次回、8月11日(日)は『かかし作り体験』です。お楽しみに♪

▲ページトップへ

第六回野菜教室 野菜の天敵(虫と病気)の対処法

第六回野菜教室 野菜の天敵(虫と病気)の対処法

今日は、農薬と病虫害についての勉強会。

農薬と聞くだけで、環境にも身体にも危ないんじゃないの?と感じている方も多いのでは。

勉強会の始めに、
「無農薬で栽培するための第一ステップは、まず農薬とは何か知ること。第二ステップで減らすにはどうしたら良いかを考える。
これが、無農薬栽培を目指す近道です。」という先生の言葉に納得!
「テントウムシも農薬に指定されているのを知っていましたか?」など事例を交えたわかりやすい説明に、農薬の正しい理解が出来ました。

当ファームでは、
虫が嫌がる植物を植えたり、虫の住処になる雑草をこまめに取るなど
できるだけ農薬を使用しないよう努力しています。

午後からは、畑に移動しトマトの誘引と草取り作業。
さぁ今からという時に雨…。
野菜にとっては恵みの雨でしたが、「みんなで作業する時に降らなくてもいいのにな~」と少し勝手なことを考えてしまいます。

そんな中でも、子供たちは元気いっぱい!畑の中で楽しそうにお手伝いしてくれました♪

雨との付き合い方は、子供たちの方が上手ですね。

▲ページトップへ

畑と田んぼの様子

畑と田んぼの様子

6月になりました!

近畿地方も梅雨入りしましたが、雨が少ないですね。
野菜たちは、雨が待ち遠しいようです。

温度も上がり、畑ではナスが大きくなってきました♪
田んぼも苗もが大きくなってきましたよ!

▲ページトップへ

第五回野菜教室

第五回野菜教室

午前中はサツマイモの植付作業を行いました。
サツマイモは植付の仕方で、イモの大きさが変わることを教わり、
斜め植えと、船底植えの2種類にチャレンジ!

午後からは、草刈機の講習のあと、
枝豆の植え付け、ホウレンソウと小松菜の収穫を行いました。
最後に、ホウレンソウの種まきをして、この日の作業は終了。

植え付け後に、畑の水遣りも行いました。
雨も少なく、畑の土もカラカラ状態で、水タンクも空っぽ。
みなさん、近くの水路からバケツリレーで水遣りをしてもらいました。

▲ページトップへ

田んぼの様子

田んぼの様子

田植え付けから1週間。
苗も少しずつ大きくなってきました!
今、田んぼはカエル達の住処になっています。
夕方になると、カエルの大合唱です♪

▲ページトップへ

田植えイベント開催

田植えイベント開催

5月19日(土)、田植えイベントを開催しました。

曇り空で暑くもなく、まさに田植え日和でした。
当日は約80名で、一列に並んで手植え作業をしました。
田んぼに入った瞬間、「キャー!!」と歓声が上がり子供も大人も大喜び!
慣れない田んぼでの作業で、最初はまっすぐ歩くことも難しかった方もいましたが、
途中から植えるスピードもアップ!最後に竹パウダーをまいてこの日の作業は終了。
1時間で田んぼ1枚を仕上げました♪

田植え終了後に雨が降ってきたので、高山コミュニティーセンターに移動し地元農家さん手作りの炊込みご飯と味噌汁、伝統野菜「高山真菜」の漬物を頂きました。

次回、6月8日は「お米の勉強会&草取り」です。

▲ページトップへ

田植えイベント~準備編~

田植えは初めての方、必見!
当日の服装と持ち物についてご案内します。
行く前に、内容をチェックしてください♪

~服装編~

田植えイベント~準備編~

①田植専用の長靴or靴下を履きましょう。
靴下はドロドロになるので、捨てても良いものを準備ください。
裸足での入場はダメです!

②長ズボンはやめておきましょう。
膝まで泥に浸かるので、ハーフパンツがおススメです。

③日焼け対策
帽子は忘れずに!日焼け止めを塗っておきましょう。

④サンダルを持って来てください。。
田植終了後、足洗い場までの移動に必要です。ビーチサンダルサンダルだと足も洗いやすいです。



~持ち物編~

①熱中症対策をお願いします。
飲み物は多めに持ってきましょう。

②マイカップ、マイ箸を持って来てください。
ごみ減量にご協力お願いします。

③タオル
汗を拭く用、泥を拭く用、タオルは多めに持ってくる事をおすすめします。

④レジャーシート
昼食は田んぼの畔で食べます。レジャーシートは持って来てください。

⑤雨具
山の天候は変わりやすいので、カッパ・レインコートをご準備ください。

⑥着替え
田んぼの中は、思うように歩けません。念のため、着替えは準備しておきましょう。

⑦ビニール袋
靴下や汚れた着替えを入れる袋を準備しておきましょう。

⑧保険証コピー
ケガには十分ご注意下さい。万が一に備えて、保険証コピーは持って来てください。

しっかり準備して、楽しい田植え体験にしましょうね♪

田植えイベント~準備編~

▲ページトップへ

田んぼでお米づくり体験 募集中!

田んぼでお米づくり体験 募集中!

5月19日(日)遊悠ファームの田植えイベントを行います。
今年のお米づくり体験は、田植えと稲刈り体験がセットになっています。
1年を通して、お米の生育を観察しながら一緒に美味しいお米を作りましょう!

家庭菜園では体験できない田んぼ作業。
お子様の食育や余暇の楽しみにピッタリ。
将来農家を目指す方の参加も大歓迎です。
申込お待ちしております。

詳細は、こちらをクリック
http://www.yanmar.co.jp/campaign/yuyufarm/toyono.html

▲ページトップへ

第四回野菜教室

第四回野菜教室

午前中は、大阪府「北部農と緑の総合事務所」から高原先生に来てもらい、
肥料について講習をしてもらいました。
講義中は元素記号が飛び交い、化学の授業を思い出した方も。

午後からは夏野菜の植え付けを予定していましたが、あいにくの雨模様。
植え付けは来週に延期し、バジルとシソの種まきをして自宅に持って帰って育ててもらうことになりました♪無事に芽が出たかな。

▲ページトップへ

第三回野菜教室

第三回野菜教室

午前中は、夏野菜(トマト・ナス・きゅうりなど)の栽培について勉強しました。
午後からは、竹パウダー作りに挑戦!
竹を砕く作業は、迫力満点。みなさん、果敢にチャレンジしていただきました。
竹が機械に吸い込まれ、パウダーになっていく様子を子供たちも不思議そうに観察していました。
次回は、夏野菜の植え付けです♪

▲ページトップへ

第二回野菜教室

第二回野菜教室

午前中は、リーフレタス、枝豆、さやいんげんの講習会を行いました。
昼食を食べたあと、畑に移動して、先週タネをまいたホウレンソウと小松菜をチェック。
「おおっ!芽が出てる!」、「うちは、まだ出ていない」。みなさん、自分の畑の様子を見てテンションもUP♪

午後からは、ミニ耕うん機を使った機械実習を行いました。
機械を使ったことがない方は、初めは恐る恐る触っていましたが、
終わる頃には、みなさん上手に使いこなしていました。

▲ページトップへ

体験型農園入学式

体験型農園入学式

遊悠ファーム「体験型農園」の入学式を行いました。
当日は桜も満開で天気も良く、まさに入学式日和♪
学校の教室で受ける授業は、とても懐かしい雰囲気でした。

午前中は「農作業の安全」と、「種まきの方法」について勉強し、
午後は畑に移動して、ほうれんそうと小松菜の種まきをしました。
早く芽が出ますように!

最後に、近隣の使われていない田んぼの草刈を行いました。
数年間雑草が茂っていたのか、思った以上に大変な作業。
草刈した田んぼには、そばや花の種をまく予定。
そばが収穫できたら「そば教室」を開いて、みんなで食べる計画です!

▲ページトップへ

田んぼでお米作り体験・体験型農園~オリエンテーション~

田んぼでお米作り体験・体験型農園~オリエンテーション~

4月から始まる体験型農園の説明会を行いました。
説明会終了後に、地元の伝統野菜「高山真菜」の収穫を行いました。
収穫後は、真菜を使ったおにぎりを参加者で食べました。
みなさん、これから1年間、一緒に野菜作りを楽しみましょう!

▲ページトップへ

秋野菜収穫体験

高山の冬はとっても寒い!
この日は、秋に種まきしたカブと大根の収穫祭を行いました。
竹パウダーで作ったカブと大根はとても甘くて美味しかったです。
収穫後、採れたての大根をおでんにしてみんなで食べました。
みなさん、寒い中ありがとうございました。

▲ページトップへ

稲刈り体験

5月に植えた稲が大きく育ちました。
当日は130名の方に来ていただき、約2時間田んぼ1枚をみんなで手刈りしました。
お昼は田んぼの真ん中で、新米で作ったおにぎりをみんなで食べました。
農作業をしたあとのおにぎりの味は格別でした。
稲刈り終了後、昔ながらの精米体験をしてもらいました。
みなさん、なかなか白くならないお米に結構苦戦していました。

▲ページトップへ

夏野菜収穫体験 第2弾

夏休みも終了間近!
この日は夏野菜の2回目の収穫祭を行いました。
少し涼しくなって、夏バテしていた野菜達も回復!
ナスやオクラは大人気でした。
終了後は、畑で収穫した野菜を使ってBBQを行いました。
暑い中作業お疲れさまでした。
みなさん、夏のいい思い出作りが出来ました!

▲ページトップへ

夏野菜収穫体験

夏本番!
この日は、たくさん実ったトマトやナス、きゅうりなどの夏野菜の収穫を行いました。
スーパーで売っている野菜を違い、とれたて野菜の味は子供たちにも大人気!
みんな袋一杯持って帰りました。
収穫後、夏休みの自由研究のサポートとして、
スイカ割り大会と、竹を使った水鉄砲作りも行いました。
みんな出来上がった鉄砲で、大はしゃぎ!
スイカも美味しく頂きました。

▲ページトップへ

田んぼと畑のお世話

5月に植えた田んぼの草取りを行いました。
子供たちは、裸足で田んぼに入り、昔ながらの方法で除草をしてくれました。
草取りをしたあとは、竹をパウダーにしたものを田んぼや畑にまきました。
作業終了後、畑に植えた採れたてハーブを使ってのお茶とチーズは大好評でした♪

▲ページトップへ

田植え体験

遊悠ファーム第一弾イベント!
天候にも恵まれ、約100名の方に田んぼで手植え体験を楽しんでいただきました。
初めて田んぼに入る子供たちも大はしゃぎ!泥んこになりながら、
一生懸命みんなで植えました。
稲刈りまで楽しみですね♪早く大きくなれ!

▲ページトップへ