財団の紹介

活動記録

平成27年度-活動記録

平成27年度 卒業を祝う会

2016年2月20日 ホテルグランヴィア大阪
~希望の春、卒業生の前途を祝福~

今年も役員はじめ、多くの先輩方とともに卒業生の新たな門出を祝いました。式典では、山岡健人理事長が「初心を忘れず、大きな夢と希望を持って新たなスタートを切っていただきたい」と卒業生を激励。卒業生代表からは、山岡育英会の支援によって学業に集中することができたことに対する感謝と、今後も感謝を忘れず社会に貢献したいとの決意が述べられました。厳粛な式典に続いて行われた懇親会では、卒業生を囲んで役員の先生方や現役奨学生との会話も弾み、楽しいひとときを過ごすことができました。

今年は、藤田常務理事が懇親会の司会も担当。卒業生との軽妙なやりとりに、一人ひとりの飾らない素顔が垣間見える、笑いの絶えないインタビューになりました。

ページトップへ

インドネシアでサッカーグッズを寄贈!

山岡育英会による寄贈授与式をインドネシア大学に於いて、2016年1月27日に行いました。
寄贈先のSekolah Sepak Bola Universitas Indonesiaは、インドネシア大学の学生が運営するボランティア団体で、地域の貧しい家庭の子供を対象にサッカースクールを運営しています。 運営は約20人のボランティアの学生で行われ、学内のグラウンドで開催し、小中学生約50人が練習に参加しています。寄贈品はユニフォーム、サッカーボール、ゴールポスト、トレーニング器具などのサッカーグッズです。

この寄贈は、山岡育英会と地域貢献について話をしている中で、YADIN社(ヤンマー(株)のインドネシア現地法人)のインドネシア大学卒業生の社員からの提案をきっかけに始まりました。山岡育英会では、2013年から東南アジアのサッカー少年育成奨学金事業を開始し、インドネシアの中学生を対象に支援してきました。地域の貧しい家庭の子供達へのサッカーを通じた支援を行うこちらの団体の精神に共感し、今回のサッカーグッズ寄贈を行いました。

式典には、インドネシア大学を代表してDirector student Affair Mr. Arman nefi氏、当ボランティア団体の代表(学生)、サッカースクールのコーチ、子供(代表)、YADIN柴田社長、山岡育英会・藤田常務理事が出席しました。藤田常務理事は、ヤンマーグループにとって付き合いの長い大切なパートナー国であるインドネシアで、サッカーを通じて貢献でき嬉しく思うとご挨拶されました。

ページトップへ

研究発表会

2015年11月6日ヤンマー中央研究所/11月7日長浜ロイヤルホテル
~日々積み重ねた研究の成果を披露しました~

研究発表会には大学院生37名が参加。メンバーを2グループに分けて発表会を開催しました。今年は特に、英語での発表が奨励され、若干名の日本人奨学生が英語でプレゼンテーションを行い、当会役員の先生方からの質問にも流暢な英語で対応。彼らがグローバルに活躍する人材として成長している姿が見られました。もちろん日本語で発表した多くの奨学生も堂々としたもので、研究に対する熱い想いやひたむきな努力が伝わってくるものばかり。今後の彼らの活躍にますます期待が高まります。

研究発表の合間には、彼らが将来、企業で働く場合の参考にと、ヤンマー中央研究所の見学やそこで働く技術者から、直接、仕事ぶりについて話を聞く機会も設け、多くの参加者が熱心に耳を傾けました。盛りだくさんな内容で、分刻みのスケジュールではありましたが、奨学生同士が理解と親睦を深める有意義な時間を過ごすことができました。

研究発表会2日目の午後は、ヤンマーミュージアムを訪ねました。山岡育英会について書かれたパネルや大型ディーゼルエンジンを見たり、ボートシミュレーターやショベルカーなどの操縦も体験。館内を歩き回って疲れたら、足湯につかってほっと一息……。気のあった仲間と楽しいひと時を過ごしました。

ページトップへ

留学生研修旅行 ~沖縄の世界遺産を巡る~

平成27年9月11日~12日

日本で暮らしていても、大学で研究に明け暮れる留学生たち。彼らに日本の文化や歴史への理解を深め、互いの絆を育んでもらうために、毎年留学生研修旅行を行っています。当日は快晴に恵まれ、吹く風も心地よく、リラックスした時間を過ごすことができました。短い旅ではありましたが、充実したひと時でした。

1日目
【世界遺産 首里城】
最初に訪れたのは、琉球王国の象徴ともいうべき首里城です。王国の歴史や文化について説明を聞きながら守礼門を抜けて、首里城正殿を目指しました。
どこまでも澄んだ青空に、美しい首里城正殿の朱が映えます。首里城の歴史はもちろん、独特の建築用様式や石組み、その一つひとつに感動!
【世界遺産 識名園】
続いて訪れた識名園は、琉球王家最大の別邸。廻遊式庭園は、歴史遺産にふさわしい文化の香りと整然とした美しさをたたえていました。でも、行く先々で蚊につきまとわれて、痒くて、痒くて……。

2日目
【沖縄美ら海水族館】
世界最大級の水族館では、ヒトデを触ったり、イルカショーに拍手喝采! 沖縄の海の神秘を間近に体験することができました。
【万座毛を散策】
旅の終わりに沖縄を代表する絶景ポイント「万座毛」を散策しました。象に似た岩が見えるポイントは、万座毛でも一番人気のスポット。爽やかな海風が心地良く、いつまでも眺めていたい気分……。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、そろそろお別れです。研究室の仲間へのお土産も忘れず買いました。明日からまたがんばって研究に励みます!

ページトップへ

平成27年度 奨学生証書授与式

平成27年6月24日

ヤンマー本社ビル
~新奨学生が新社屋で初めて顔を合わせました~

今年の証書授与式は、ヤンマー本社ビルで執り行われました。明るく機能的な本社での式典は、ホテルとはまた違ったアットホームな雰囲気。今年採用の大学院生16名と留学生6名は、この日が初めての顔合わせです。来賓に見守られ、理事長から奨学生証書を受け取るときは、少しばかり緊張した面持ちの新奨学生でしたが、研究内容や将来の進路について発表したり、本社12階のプレミアムマルシェカフェで昼食をともにするうちに次第に打ち解けた様子。懇親会では趣味の話や研究室の話題で会話に花が咲き、連絡先を交換する姿も見られました。

山岡育英会の奨学生として、今後も親交を深め、互いに切磋琢磨し、有意義な研究生活を送られることを願っています。

ページトップへ